FC2ブログ
プロフィール

ランサー藤本

Author:ランサー藤本

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

一夜城
デビルかっこよくなりたい人のポケモン考察()ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ポケ祭1回戦動画 VS@なかさんで使用したパーティ

チーム変態四重奏VSW論者カエルサンド副将戦ですね。
ぶっちゃけ久しぶりってレベルじゃないですが一応動画UPごとにのんびり更新していきたいと思いまして書きました。

所感やら裏話は僕の動画となかさんの動画で補完できると思うので、型紹介を追記にて。
シャンデラ(めざ地面)

個体値 H9 A22~23 B31 C30 D30 S31
努力値 H252 B4 C16 S236
実数値 H156 A63 B111 C167 D110 S143

PTのエースになる予定だったシャンデラ。
実はこの枠は別個体のシャンデラだったのですが、試合前日になかさんの動画でヒードランを見つけて白目剥いてしまったので少しでも厚い構成にするために変更。 本来はめざ地面→挑発 エナボ→鬼火@ラムの別個体で催眠対策などで使用していました。エナボはゴローニャに一撃当てる用。
Sは最速ドラン抜き。帯を持たせてヒードラン後だし読みシャドボ→めざ地面で確定で倒せるようにしています。
第28回動画とかに登場した個体です。
大会までにもう少しいい個体でもらい火の子を粘りたかったのですが、間に合いませんでした(白目

ダメージ計算(抜群は全て帯補正あり)
オーバーヒート
H187D135メタグロス ダメージ202~240 108~128.3%
D特化フシギバナ(参考) ダメージ190~226 101.6~120.8%

シャドーボール
眼鏡ラティの流星群1.5耐えクレセリア 108~130(47.5%~57.2%)
H振りヒードラン 30~36(15.1~18.1%)
H振り水ロトム 60~72(38.2~45.8%)

めざめるパワー地面(69)
H振りヒードラン ダメージ168~202 84.8~102% 乱数1発(6.3%)

キュウコン(物理)
個体値 H31 A28 B31 C25 D31 S31
努力値 H212 A8 D36 S252
実数値 H175 A96 B95 C88 D125 S167
物理キュウコン。
ウルガモスが重すぎてガブリアス依存になりがちだったため、チルノスタンの物理キュウコンを参考にしました。
ただそのせいで持ち物がジュエル固定になってしまうためみがわりを打てる回数が少なく雨との天候合戦では正直使いにくかったですね。 みがわりをまもるに変更すれば、もう少し動きやすかったかと思います。みが(守る)金縛りでこだわりを流せるのも大きかったです。Sは先制で身代わりをできるだけ打てるようにと最速にしましたが、最速ドリュウズ抜きまでラインを下げればDにもう少し振れたかもしれません。
特性はシャンデラ、ガブリアスへの炎技へのサポートの他、水を半減にすることでこのPTで苦手な耐久水にキュウコンで毒を撒いた後エアームドのはねやすめ連打で受けられるようになるという利点もあります。(熱湯は厳しいが)
与ダメージ計算(全て晴れ補正あり)
フレアドライブ(ジュエル込み)
無振りウルガモス 171~202(106.2~125.4%)
H187D135メタグロス 188~224(100.5~119.7%)
H振りフシギバナ(ジュエルなしの場合) 188~224(100.5~119.7%)
被ダメージ計算(晴れ)
臆病CSトノのハイポン 74~90(42.2%~51.4%)乱数2発(2.7%)
HBヤドランのなみのり 54~66(30.8~37.7%)
HBスイクンのなみのり 50~60(28.5~34.2%)
基本Cにあまり振っていないポケモンの波乗り程度は後だしで無理なく受けられます。
ラティオスの流星群
持ち物なし 115~136(65.7~77.7%)
珠     150~177(85.7~101.1%)乱数1発(12.5%)
眼鏡    172~204(98.2~116.5%)白目
エアームド(ステロ昆布)
個体値 H31 A17 B30 C21 D31 S31
努力値 H252 A4 B240 S12
実数値 H172 A94 B209 Cx D90 S92
テンプレエアームドなので特に言うことはないかもしれませんが、ステロ昆布型です。
のろいムドーにしなかったのは、単純に自分の読みレベルの低さゆえに積み技をしていくというより、完全に止まるポケモンに後だししてステロ→サイクルを回していくという形をとりたかったからです。特殊受けがいないと機能しにくいというのもありますがw
この枠はハッサムメタグロスフォレトスあたりで迷いましたが、カイリューに後だしが安定する(大体炎Pを持ってるのでハッサムあたりは厳しい)のとメタグロスはいざ殴ろうとしても火力がなく、回復技もないため何度も後だしができないと考えたからです。
使い勝手は非常によく、単体で多くの物理ポケモンを受けられるということで自分には一番合っている鋼ポケモンという気がしました。

テンプレ構成なのでダメージ計算は割愛いたします。
ガブリアス(いじっぱりスカーフ)
個体値 H31 A30 B29 C14 D31 S31
努力値 A240 B12 D4 S252
実数値 H183 A198 B116 C82 D106 S154
このPTの真のエース。耐久が高いムクホークみたいな感じで、上から圧力をかけていきます。選出率は80%くらい。炎(ウルガモス・シャンデラ)+テラキに勝てるポケモンとして採用したのですが、使い勝手が良すぎてエース格に。さすがトップメタとして君臨し続けるポケモンといったところでしょうか。
ガモスメタなのにいじっぱりスカーフの理由は、このPTに出てくるウルガモスは大体めざ氷を持っていないからです。(シャンデラキュウコンで止まるため)
岩なだれはガモスピンポイント(+HPが少ない浮いているポケモンに対する安定()策として)。大文字は実質エアームドピンポイントですが、晴れていればナットレイやハッサムに殴り勝てたりもします。
実は無振りウルガモスなら逆鱗で高乱数で持っていけるのですが、やはり逆鱗で炎の体を発動するのが怖いため岩なだれがあると安定していたりします。

NNがないのは、以前つくったようきガブの孵化余りでいたいじっぱりフカマルを5世代に送って厳選しようとしたら、こいつがこの神個体だったためです。ただガブリアスはなんというかかっこいい感じがあるし、前の個体もNNなし(これはつけ忘れただけ)なのでもういっそみんななしでもいいかもしれません(笑)
与ダメージ
逆鱗
無振りウルガモス 157~186(97.5~116.2%)乱数1発(87.5%)
H振りFCロトム 106~126(67.5~80.2%)オボン込でも確2
無振りバシャーモ 150~177(96.7~114.1%)乱数1発(75%)
ようきガブの逆鱗耐えのポケモン 乱数1発(大体50%くらい)

地震
H振りバンギラス 174~206(84~99.5%)
慎重H236B36ハッサム 90~106(51.0~60.5%)確定2発

大文字
H振りエアームド 84~100(48.8~58.1%)
慎重H236D236ハッサム【オッカ】 108~128【54~64】(61.7~73.1%【30.8~36.5%】)
オッカ込みで中乱数2発

被ダメージ
いじっぱA珠ハッサム(珠ッサム)のバレパン 75~91(40.9~49.7%)確定3発
いじっぱA珠バシャーモの飛びひざ蹴り 156~185(85.2~101%)乱数1発(12.5%)
珠テラキオンのインファイト 138~164(75.4~89.6%)
       電光石火 31~38(16.9~20.7%)
インファ~石化は低~中乱数耐えくらい。シャンデラと対面させるなどエッジを打たせる立ち回りが必要。
無振りスイクンの冷凍ビーム 152~180(83~98.3%)
   ヤドランの冷凍ビーム 164~196(89.6~107.1%)乱数1発(43.8%)
ひかえめC振りFCロトムのめざ氷 172~204(93.9~111.4%)乱数1発(62.5%)

ウォッシュロトム(ねむカゴ)
個体値 H31 A22~23 B31 C29 D31 S31
努力値 H252 B100 D156
実数値 H157 A72 B140 C124 D161 S106
このPTは鋼ポケモンがエアームドであり、ラティオスなどの特殊龍の通りが非常に良かったためラティの流星群を1回受けて電磁波を入れるために採用。水ロトムなのは対水ポケモン(雨パ)意識で相手の水、氷技の通りを悪くするため。
余りをBに振ることで、ようきハチマキガブの逆鱗もぎりぎりで1回耐えてくれます。(耐えてどうするのというのはありますが)
ボルトチェンジは立ち回り重視で搭載していますが、10万ボルトがほしいことが多かったです。技はこれで確定だから入れられませんでした。
なかさんも動画で話していましたが、ロトムの後攻ボルチェンからガブの無償降臨などもよくやっていました。
基本PTを回す重視のポケモンなので火力は泣けてくるほどありません。ラティに厚い構成ならランターンなどにも勝てるように電磁波→毒々などでもいいかもしれません。
与ダメージ
ハイドロポンプ
H振りヒードラン 134~158(67.6~79.7%)
無振りガブリアス 81~96(44.2~52.4%)乱数2発(18%)
眼鏡ラティの流星群1.5耐えバンギ 74~90(35.7~43.4%)

ボルトチェンジ
H201ヤドラン 102~120(50.7~59.7%)
H振りブルンゲル 80~96(38.6~46.3%)

被ダメージ
眼鏡ラティオスの流星群 135~159(85.9~101.2%)乱数1発(6.3%)
  サザンドラ     144~169(91.7~107.6%)乱数1発(50%)
  キングドラ     118~141(75.8~89.8%)
       龍の波動 76~91(48.4~57.9%)乱数2発(96.9%)
ようきハチマキガブの逆鱗 132~156(84~99.3%)
いじっぱ珠バシャーモの飛びひざ蹴り 130~153(82.8~97.4%)
 
エルレイド(こだわりハチマキ)

個体値 H31 A31 B25 C31 D31 S21
努力値 H252 A116 B76 D4 S60
実数値 H175 A176 B92 Cx D136 S103

ハチマキエルレイド。この枠は火炎玉ローブシンと迷ったのですが、ラムシャンデラで催眠対策がある程度できておりキュウコンも含めてガッサを呼ばないこと、ウォッシュロトムをはじめとする特殊ポケモンにPTが非常に薄く、物理方面はかなりエアームドが仕事をしてくれるのでこちらの方がいいと考えて採用。
Bは珠テラキのエッジ→インファを中乱数耐えまで振りましたが、正直言ってそんな半端な調整よりもDにもっと厚く振ってラティオスなどに確実に役割を持てるようにした方が良かったかもしれません。
Sは準速ラッキー抜き。余裕があれば4振りFCロトムまで抜ければいいかもしれません。
トリックはこのPTで呼びやすいヤドランやブルンゲルなどに

与ダメージ(全てハチマキ込み)
インファイト
H236B36ハッサム 144~169(82.2~96.5%)
H振りFCロトム 141~166(89.8~105.7%)乱数1発(37.5%)
無振りラティオス 89~105(57.4~67.7%)
B特化エアームド 85~102(49.4~59.3)乱数2発(99.61%)
等倍で打てればそれなりに耐久があるポケモンも1発で持っていけます。

冷凍パンチ
H171B115ボーマンダ(ようきガブの逆鱗耐え) 176~208(102.9~121.6%)
H振りガブ(参考) 260~308(120.9~143.2%)
B特化グライオン 156~184(85.7~101%)乱数1発(6.3%)
無振りラティオス 150~178(96.7~114.8%)乱数1発(81.3%)
無振りカイリュー(マルスケ込み) 130~154(78.3~92.7%)
H175サンダー 142~168(81.6~96.5%)
かげうち
無振りラティオス 80~96(51.6~61.9%)
H167B115シャンデラ74~88(44.3~52.6%)

被ダメージ
珠テラキオンのインファイト 86~101(49.1~57.7%)
       ストーンエッジ 71~86(40.5~49.1%)
ようきガブリアスの逆鱗 135~159(77.1~90.8%)
眼鏡ラティオスの流星群 159~187(90.8~106.8%)乱数1発(43.8%)
C170眼鏡サンダーの雷 127~151(72.5~86.2%)
臆病ゲンガーのシャドーボール 122~146(69.7~83.4%)
ひかえめシャンデラのシャドーボール 144~170(82.2~97.1%)

パーティの所感
このパーティは本来キュウコン→シャンデラの超火力炎2枚看板でシャンデラ無双をしようと思って作ったパーティでした。
最初はキュウコンとシャンデラは役割がかぶって無理かと思っていたのですが、春ポケ祭で同じチームだった@あみゅさんから構成によってはいけるとのお話を聞き、自分なりに考えて作ってみたものです。
キュウコン、シャンデラは確定として、次に相手の炎+テラキオンなどの岩受けにガブリアスを採用しました。
次に鋼枠として、上記の理由からエアームドを採用。水ポケモンに弱かったので電気ポケモンを採用しようと考えました。 候補として挙がったのはサンダー、サンダース、ライコウ、FCロトムなのですが、サンダーはステロの一貫性が高くなってしまうため却下。サンダースは受けだし性能があまり高くないためやめました。ライコウもいいと思ったのですが、ラティオスなどにかなり薄い構成となっていたため仕事をしやすい水ロトムを採用しました。
残りは個人的に必須と思っている格闘枠で、上記の理由でエルレイドを採用しました。

基本的な選出はガブリアス+後2体
エアームドはガブリアス・カイリューが相手のパーティにいたときに必須。キュウコンと水ロトムは相手の水ポケモンできついのがいた場合に積極的に選出します。
エルレイドは格闘ポケモンがどうしてもほしい時や、このパーティでかなり辛いボーマンダがいたときに選出しました。
キュウコンはウルガモスがいた時はほぼ必須で選出しています。 対面の場合ほとんど読まれないのでフレアドライブで突破できます。
シャンデラなのですが、ほとんど選出機会はなかったです。ただし、ラム持ちの時に相手のPTにキノガッサがいた場合、ラキムドーがいた場合。このPTでかなり辛いクレセリア、ランクルスがいた場合は必須となり、それなりに活躍してくれました。

このPTはシャンデラ入り晴れPTというだけではなく、1つの目的を持って構築しました。
それは『相手のハッサムを選出できない構成にする』です。
これは某レート実況者さんの『ウルガモスを選出できなくすることで選出読みの時点で5対6にする』という考えに感銘を受けて思いついたことで、シャンデラで圧倒的に選出を抑えられ現環境で非常に多いポケモンをと考えたところハッサムを意識することにしました。
ただし、こんなパーティにラティハッサムで選出されたりすると壊滅したりします。

@なかさんとの対戦までの間にサブロムで試運転を159戦やり、成績は87勝72敗。最高レートは1675最低レートは1487(1戦終了時)でした。
自分の立ち回りを鍛えれば1700もいけるパーティだと個人的には思っています。

ちなみに珠ラティオスが初手身代わりしてきたらその時点でかなり積んでます()

長くなりましたが、見てくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://elezypokemonbw.blog.fc2.com/tb.php/7-b5093c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。