プロフィール

ランサー藤本

Author:ランサー藤本

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

一夜城
デビルかっこよくなりたい人のポケモン考察()ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Global Showdown使用パーティ 七夕電磁波リレー
7/25から7/29の間に行われたグローバルショーダウン(禁伝ありシングル63)で使用パーティです。

パーティ完成が遅れてしまったことにより、試合数がそこまでできなかったこと、禁伝ありルールについてにわかだったこと(ディアルガのオバヒの存在を忘れていたり)などであまりいい成績は残せませんでしたが、せっかく使ったんだからというのと広告ブログになりかけていたので簡単にパーティの紹介だけでも書こうと思いました。
パーティの相談に乗ってくださったてのりさん本当にありがとうございました。
パーティのネーミングセンス(自分で名付けた)については目をつむってあげてください。

使用した6体はこちらです。

バンギラスガブリアス♀ボルトロスシャンデラジラーチパルキア

続きを読む
スポンサーサイト
第8回キツネの社mf 使用パーティ 壁エーフィ軸積みポケサイクル
こんばんは。ランサー藤本です。
今回はタイトルの通り第8回キツネの社mfで使用したパーティの紹介です。ちなみに3-5で養分でした

今回使用したパーティはこちらです。

エーフィヒードランオノノクスハッサム♀パルシェンキノガッサ

今回のパーティを作るまでの経緯
少し前にオフで珠ハッサム入りのパーティが連続で入賞して結果を出したりしているのを見て、やっぱり「積みポケモンは1つ起点を作れると強いんだなー」と思いつつも、なかなか自身では積むタイミングがつかめずにいて難しいだろうと敬遠してしまっていたので、苦手ではありますがあえて作ってみて、その立ち回りや苦手なポケモン、積みポケメタの選出などを勉強しようとまず考えました。
そこで最初に手を出したのはユウキさんの壁サクラガッサを改変(どう考えても改悪です本当にすみませんでした)して作ったもので、こんなものでした。
アグノムサクラガッサ
しかし、先発で出した壁アグノムが挑発されて全く起点を作れなかったり、アグノム+サクラビス+エースといった基本選出で勝つことがほとんどできずに1週間ほどで解散しました。サクラビス自体もバトンタッチ前提の立ち回りをしていたのですが、バトンタッチは交換読みをされると厳しく、単純に水のからやぶアタッカーとして使用することが多かったので、壁バトンからの1体全抜きという非常にシビアな選出を強いられるサクラバトンより、壁+エース2体という形の方が戦いやすいのではと思いました。
そしてこのパーティを使う上で壁+ハッサムや、壁+キノガッサの強さを知ることができたのでこのあたりを生かせたらいいと考えました。
そこで着目したのが
オノノクス+ハッサム♀orパルシェン

パルシェン+キノガッサ

この2つのペアです。パルガッサはとても有名なペアでいわずもがなな強さだと思います。
オノノクスは、僕はほとんど使ったことがなかったのですが、レートでたまに当たるととても辛かったり龍舞からの全抜き、鉢巻、スカーフなど型が読めなかったりと非常に戦いにくい印象があったので、エースとしてはかなり適しているのではと思いました。また、オノノクスはドラゴン単タイプの為
①不一致れいとうビームでは基本的にやられない。
②カイリュー以外のドラゴンにはSで負けてやられることが多いが、その場合逆鱗や流星群を撃たせ後続の起点をつくることができる。
という二点が非常に強く。オノノクスが例え倒されたとしても後続のパルシェンやハッサムが積む時間を作りやすいと考えて、オノノクスを採用することにしました。
最後の枠は龍舞バンギラス、みがきあゲンガー、ガブリアスなど色々使い回していましたが、相手の剣舞ハッサムが止まらないのと、ウルガモスに舞われたら終了だったのでステロを撒くか一度は流せる風船ヒードランを採用しました。

エーフィはオノノクスやキノガッサの起点を無理やり作れるようにするのと、レパルガッサメタモン、レパルドーブルメタモンが辛かったのでごまかせるようめざ格闘個体で採用しました。

基本選出はエーフィ+上記の2体ペア。もしくはヒードラン+上記2体のペア。 しかしウルガハッサム+ローブシンなどのペアの場合はドラン+エーフィ+エースとなることも多かったので、このあたりでまず構築の穴を感じました。


追記にて個体解説をしていこうと思います。

※ネタバレ:エーフィはオフ中1回も選出しませんでした。

続きを読む
第6回キツネの社mf 使用パーティ 霊獣トルネロス雨
前回に引き続き、今回も10/7開催、キツネさん主催のキツネの社mfに参加してきました。
結果はスイスドロー8回戦で2勝6敗。95位くらいで当然予選落ちでした。

今回のパーティ紹介は、パーティの解説というより自身の反省メモのような要素が強いです。なのでパーティには結構な穴があると思います。
今回使用したパーティがこちら
続きを読む

テーマ:ポケットモンスターブラックホワイト2 - ジャンル:ゲーム

マイナー杯使用パーティ 制限どくびしスタン
くーるじーさんという生主さんの主催する、マイナー杯という大会に出てきました。
くーるじーさんはガチパも好んで使うようなのですが、この気持ちいいくらいガッツリ制限が入った大会でみんながガチで考察したらという面白い環境になりそうな大会だったのでわくわくしながら参加してきました。
結果は4人総当たりの予選ブロック1-2で予選敗退という散々な結果でした。

ただ、最近パーティ紹介とか全くしていなかったので、書きたいと思います。(直前になって変更した個体とかもいるので割と穴だらけです。)
続きを読む

テーマ:ポケットモンスターブラックホワイト2 - ジャンル:ゲーム

第5回キツネの社mf 使用パーティ ナッシー入り電磁砂
どうもこんにちは。カイザー海馬ことELEZYです。
8/11(土)に開催されたキツネさん主催の第5回キツネの社mfというポケモンオフ大会に参加してきました!
結果はスイスドロー8回戦、5勝3敗で28位となり、予選落ちとなりました。ただ、一応初めて参加したオフでなんとか勝ち越せたわけなので、練習がてらパーティを紹介していきたいと思います。
今回使用したパーティがこちらになります。
バンギラスのアイコンガブリアス♀エアームドのアイコンウォッシュロトムのアイコンバシャーモのアイコンナッシーのアイコン

バンギラス バンギラス
持ち物:きあいのタスキ
技:いわなだれ だいもんじ れいとうビーム でんじは
実数値:175-137-126-146-121-124

ただCSぶっぱしただけ。電磁波砂パでのバンギラスはCSタスキという情報を得ていたので試しに作ってみたというところ。
いわなだれはパーティで薄いガモスを見るため確定。砂パということで相手のガブに弱いのでワンチャンある冷ビ。ハッサムナットレイエアームドなどに刺さる大文字を搭載。最後は当然電磁波となりました。
実際タスキがなくても1回は耐えることが多く、別の型を考えてもいいかもしれません。この辺はまだまだ試行錯誤ですね。
ちなみに実数値が微妙に変になっているところは、個体値を甘えている部分です。

ガブリアス(♀) ガブリアス
持ち物:たべのこし
技:ダブルチョップ じしん みがわり つるぎのまい
実数値:183-176-116-x-106-169
ただのASぶっぱガブ。残飯はみがわりを出せる回数意識と、相手が麻痺状態での剣舞を積める期待値が高かったため。
最初は209ガブで使っていたのですが、いかんせん火力がなく2回積みたい場面が多かったので、みがわりの耐久を削って火力に回しました。 パーティ構成的に209ガブに薄いポケモンは出てこなくなるから183ガブでも見た目でかける圧力が大きくていいかなーと考えての結果。 積んでなくてもそれなりに火力があるのは魅力的ですね。

エアームド エアームド
持ち物:ゴツゴツメット
技:ドリルくちばし はねやすめ ステルスロック ほえる
実数値:172-94-209-x-90-92
ただのステロほえるムドー。カイリュー、ガブなどの物理龍。対面構築でいるマンムー、ハッサム(、キノガッサ)を受けるために作成。ガッサは眠らされて逃げられたら強いが、一応対面では負けない。 とりあえずやばそうな物理龍の抑止力になるので本当にありがたいです。 後ラッキーに負けないのも嬉しいですね。

ウォッシュロトム ウォッシュロトム
持ち物:こだわりメガネ
技:ハイドロポンプ 10まんボルト ボルトチェンジ トリック
実数値:157-x-126-125-126-151
HSぶっぱ水ロトム。Sを最速にしたのは最速スイクン(ノイクン)を抜いて殴るため、Hに振ることで耐久をある程度保持し、火力はこだわり眼鏡で補いました。 一応H振りスイクンに対しては1回瞑想を積まれた状態でも超高乱数2発(49.2%~57.9%)なので、後だしから見ることができます。 後はこだわりトリックをしたりして後続のナッシーの起点にします。

バシャーモ バシャーモ
持ち物:ラムのみ
技:まもる フレアドライブ とびひざげり かみなりパンチ
実数値:155-172-91-x-90-145
ようきAS振りバシャーモ。ようきなのは準速グドラやドリュウズに2加速状態で先制攻撃ワンチャンを実現するため。雷パンチは対面構築に対して刺さっているギャラドスが増えるのではないかと考えての採用でしたが、ほとんど使う機会はありませんでした。 持ち物は直前まで珠かラムかで迷いましたが、ボルトロスの電磁波、キュウコンの催眠術、キノガッサのキノコのほうし、などにやられないラムとしました。 ただやはり珠とびひざの火力は欲しくなります。

ナッシー ナッシー
持ち物:オボンのみ
技:ギガドレイン やどりぎのタネ みがわり しびれごな
実数値:200-x-136-144-99-76
色々調整したナッシー。このパーティの地雷枠(見ればわかる)。
このパーティが電磁波砂パということで、初手タスキバンギ読みで出てくる霊獣ボルト、霊獣ランド、化身ランド、コバルオンなどの格闘に対して選出アドをとっていくポケモン。 不一致抜群程度ならビクともしない耐久があるので、対面させておけばパターンにはめることも可能です。 技構成から見てもわかるとおり、しびれごな搭載の麻痺バグ運ゲ型。特性収穫により5割の確率で使用済みのオボンの実が復活するので、対面で麻痺を入れておけば非常に高い確率でハメゲーに持ちこむことができます。 

パーティの立ち回り、対戦レポートは別記事にて解説いたします。
見にくい点なども後日訂正いたします。 とりあえず紹介を早くやろうという形で。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。