プロフィール

ランサー藤本

Author:ランサー藤本

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

一夜城
デビルかっこよくなりたい人のポケモン考察()ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回キツネの社mf 対戦レポ(後編)
力イザー海馬ことELEZYです。では後半も書いていきたいと思います。
使用したパーティについてはこちらを、オフレポ前編はこちらをご覧ください。
ちなみに今回は100人規模のスイスドロー大会8回戦。現在2勝2敗なのですが、5勝3敗になるとオポネント上位が2人なんとか決勝トーナメントに食い込めるかといった状況なので、もう実質後がない状態です。

では、5戦目以降を書いていきます。



続きを読む
スポンサーサイト
第5回キツネの社mf 対戦レポ(前編)
今回のルールはスイスドローといい、勝敗数が同じ人同士が当たってバトルするというもの。つまりブロック総当たりなどではないため、毎回誰と当たるかわからなくてどきどきでした。
では、簡単なオフレポを書いていきたいと思います。非常に長い記事になりそうなので、前編後編に分けましたがそれでも凄く長いです。よければご覧ください。
パーティについてはこちらの記事 第5回キツネの社mf 使用パーティ ナッシー入り電磁砂をご参照ください。

続きを読む
8/11 第5回キツネの社mf使用予定パーティ(仮)
ダグトリオ@気合のタスキ ステロ置き土産するやつ。
シャンデラ@食べ残し   小さくなるやつ。
スイクン@カゴの実    零度ぶっぱするやつ。
カイリュー@こだわり鉢巻 逆鱗ぶっぱしたり最後神速で掃除するやつ。(寝言持ち)
ドレディア@ラムの実   催眠蝶舞するやつ。
ローブシン@オボンの実  ビルドレインするやつ。

後日 【ポケモンBW2】ダグトリオ入りのスタンパを考える【レーティング】(仮名)作成予定。

久しぶりなのにこんな記事ですみません()
4月14日にコミュニティで大会を開催します!
コミュニティのお知らせがたまったので移動しました。

1.トレイン準拠(フラット見せあい63)
2.ラス1○○は基本あり。
3.複数催眠あり。
4.勝敗の判定はゲーム判定に準ずる。
5.使用ポケモンの種族値制限なし。(フラットで使えるポケモンならなんでもOK)
6.4人ブロック総当たりで対戦し、ブロック1位が勝ち抜け決勝トーナメント(参加人数などにより変更の可能性あり)
開催予定日
4月14日(土)13時から
エントリー期限:4月13日24時0分(4月14日0時0分)
エントリー方法は掲示板に書いてあるテンプレートにしたがって記入してください。

※大会特別ルール
①嫁ポケルール
嫁ポケを1体大会エントリー時に書き込み、嫁ポケはかならずPTに入れて見せあいの時点で左上に置く。嫁ポケがミノマダム・ロトムの場合はフォルムを固定(嫁ポケの種族値は制限なし)
②使用するPTに制限を設けます。
使っていいPTはタイプ統一PTのみ。
例:嫁ポケがシャンデラの場合
使っていいPTは炎統一もしくは霊統一のみ。
使用ポケモン、個体変更は毎回あり。使用する統一パも嫁ポケが複合タイプなら変更あり(嫁ポケだけいればいい)ただしパーティ変更は運営に支障がない程度によろしくお願いします。

備考
・景品は今のところありません。
・大会需要があるかわからないので、参加者がエントリー締め切り時に10名に満たなかった場合は中止にしようと考えています。ご了承ください。

何か疑問点があったらご指摘お願いします。

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

真夜さんの大会に出てきました!(かなり長い記事です)
タイトルにある通り、普段お世話になっている真夜さんの主催する『第一回真夜杯』に出てきました!

【ルール】
・シングルバトルで、見せ合い6匹から3匹を選出する(いわゆる見せ合い63)
・レベル51以上のポケモンは全てレベル50となる(いわゆるフラットルール)
・ミラクルシューターはなし
・6匹の中では、ポケモン、もちものの重複禁止
・最後の1匹が、じばく、だいばくはつ、みちづれ、いのちがけ、ほろびのうたを使った場合、使った側の負け
・反動技(いのちのたまも含む)を繰り出して全てのポケモンが瀕死になった場合、技を出した側の勝ち
・天候の効果で全てのポケモンが瀕死になったときは、その天候を発生させた側の勝ち
・故意に、相手のポケモンを2匹以上眠り状態にする行動の禁止
(相手に、自らがの繰り出した技の効果で「ねむり」状態になっているポケモンがいる場合での、催眠技の使用禁止)
・1ターン目の故意に眠らせる(あくび、キノコのほうし等)のは禁止。
・種族値・レベル制限なし。ただし禁止ポケあり(アンラキルールの項目より)。
・「ベストフレンド」ルール
・「アンラッキー」ルール
・試合開始1時間30分~2時間30分を目安に予選リーグ終了
・4人×8グループのリーグ戦(最高で5×8=40人までおk)


【ベストフレンド(べスフレ)ルール】
・使用ポケモンを事前に登録する。
・登録したポケモンは毎試合必ず対戦の3匹の中に選出。
・種族値580以上のポケモンはベストフレンド不可。
・大会中の個体変更あり。
・フォルムチェンジは一体ずつ個別と認識。(ロトムをベストフレンドにする場合は何ロトムかを書いてください)

【アンラッキー(アンラキ)ルール】
・出場者とべスフレが決まった段階で生放送にて大会使用不可ポケモンを20体、抽選で決定。
・対象ポケモンはべスフレに選ばれなかった種族値450以上のポケモン。
・当日、パーティーにアンラキポケモンが入っていた場合は気づいた段階でパーティの組みなおしを行い再戦。
 すでに勝敗が決まってしまっていた場合は、試合の結果に関係なく使った側の負け。
                                        (参照:真夜さんブログの大会要項)


大会の1月ほど前に募集開始、半月前くらいにブロック分けがされました。


私のブロックはGブロックで
(名前:ベストフレンド)
真夜さん:ヤミラミ
シャープさん:ジャローダ
ひかちゅーさん:ムクホーク
オメガさん:グライオン
ELEZY:シャンデラ


さて、まずこの大会ですが『ベストフレンドポケモンは必ず選出しなければいけない』というルールがやっぱり厳しかったですねw
かといって、それはどの参加者さんも同じ。どうせいることがバレてるなら、その中でどれだけ活躍させられるか考えました。

案その① メガネシャンデラでとりあえず文字ぶっぱ戦法
炎半減ばかり集められるor上から殴られて終了な気がしたので没。 というか、大会でとりあえずぶっぱする勇気はなかったです。


そこで採用したのがこの2つ

案その② やられる前にやる戦法
案その③ 後続サポート戦法


案その2のシャンデラはこだわりスカーフ型です
NN:I・F(Ice Fire)
性格:ひかえめ
固体値:H26 A15 B26 C31 D31 S31
努力値:H152 C132 D4 S220
実数値:H152 A60 B108 C200 D111 S128 
技構成:だいもんじ シャドーボール エナジーボール めざめるパワー氷70でした。

案その3のシャンデラはタスキ持ちの最速アタッカーです
NN:Gジェット
性格:おくびょう
固体値:H22 A26~27 B21 C30 D30 S31
努力値:H8 C248 S252
実数値:H132 A65 B105 C196 D110 S145
技構成:だいもんじ シャドーボール めざめるパワー地面 おきみやげ


基本的には③のシャンデラを使用しました。

大会までは少し準備期間があったので、各対戦相手の方をメタらせていただきました。

まずPTに必ず入れなくてはいけないシャンデラ。そして、使ってみたかった龍舞型のオノノクスを採用しました。
各対戦相手の方へは、基本的にメタポケを2体用意し、残りは相性を補完…という形の編成にいたしました。

では、日が結構たっているのでうろ覚えの部分もありますが、各対戦について振り返りたいと思います。

1戦目:VSシャープさん(ジャローダ)
唯一、タイプ相性の面でシャンデラが有利なベストフレンドを使う方です。なのでジャローダは仕事だけさせて、後続のシャンデラに有利なポケモンで無双をしにくると予想しました。

ジャローダといえば、おくびょうHS振り@ねんどで へびにらみ・両壁・リフスト で後続サポートというイメージが強かったので、先発でオノノクスを出してラムを持たせて初手みがわりからの龍舞の起点、そして壁をかわら割りで壊して無双という作戦でした。

壁張り型の予想までは合っていたのですが、ドラテを持っていたということ、プレイングミスもあり流されてしまいましたw

しかし、結果的はなんとか辛勝でした!


2戦目:VSひかちゅーさん(ムクホーク)
正直辛かったです。試運転不足で新しいポケモンの火力や耐久を理解できておらず、トノを始めとする雨ポケモンに惨敗しました。
そしてよく見るいじっぱりスカーフムクホーク読みで、それ抜きにロトムを調整していたのですが、相手の方のポケモンは捨て身ハチマキムクホーク・・・完敗でしたw

3戦目:VSオメガさん(グライオン)
ポイヒグライオンにシャンデラ以外みんなちょん切られるビジョンしか浮かばなかったので、ブルンゲルを用意しましたが、結果オメガさんのPTにサザンがいたため選出できませんでした。

オメガさんの選出は①エアームド サザンドラ グライオン 私は①コジョンド シャンデラ サザンドラ でした。

初手はとんぼ帰りをしてシャンデラに交換。そこでエアームドがブレイブバード(物理受けかと思っていましたがアタッカーでした)。次手でサザンドラ交換読みでスカーフシャンデラがめざ氷を決めて7割ほど削ったのですが、サザンドラもスカーフだったようで次手の流星群で落とされましたw
コジョンドはタスキでしたが、対グライオンのためにタスキはとっておく必要あり…。なので、サザンドラ(メガネ)を出しました。そこでこちらのサザンドラが流星群をかわして、返しの流星群で突破。
最終的にはグライオンをコジョンドがめざ氷で落として、辛勝できました。(運勝ち申し訳ない・・・。)

4戦目:VS真夜さん(ヤミラミ)
ヤミラミ対策で挑発持ちトルネロスを用意したのですが、なんか余り刺さってなくて連れて行きませんでした。

選出は①シャンデラ ズルズキン トリトドン 真夜さんは①ボスゴドラ ヤミラミ ジュゴン でした。

結論から言うと「運ゲ」で勝ちましたw
ジュゴンが4回くらい零度を打っていましたが、すべてシャンデラに当たらず、ヤミラミの鬼火もズルズキンに全く当たらずと、正直謝りたくなるくらいこっちに運が向いていました。
ちなみにヤミラミはいたずらごころではなく、後だしメタバ型のようでした。


予選の結果:3勝1敗(残ポケ数6)ということで、グループ1位で決勝トーナメントに進ませていただきました!




しかしここで問題が発生。
Gグループの各対戦相手用のPTを組んでいたのですが、メタよりのPTばっかりで、いわゆる普通のPTを1つも作っておらず、決勝トーナメントに進んだときのことを全く考えていなかったのです。
なので、即刻PTを作って、決勝トーナメントに乗り込みました!



決勝トーナメント1回戦:VSアルスさん(プクリン)

こちらの選出は①シャンデラ メタグロス 何か(すみません忘れました)
アルスさんの選出は①プクリン 何か ヘルガーでした

プクリンが何をしてくるのか全くわからず、翻弄されきった試合でした。
ステロを撒かれてシャンデラのタスキをつぶされ、ほろびで流された気がします。
しかし種族値の暴力で何とかラス1対面ヘルガーVSメタグロスに!
この対面は相性だけ見たらヘルガーが有利ですが、メタグロスがオッカの実を持っていたこと、アームハンマーを持っていることから、心の中で『勝った!』と思いました。

先制のアームハンマーが決まっていく!!!!







え・・・・?先制・・・?







ヘルガーはきあいのタスキでもちこたえ・・・・タスキカウンターでメタグロスはやられました。




正直ヘルガーはシャンデラメタとしての印象しかなく、カウンターを無警戒でした。ヘルガーの育成では、タスキカウンターはかなり上位の候補に入りますよね。知識不足故の敗北でした…。




今回の教訓:ヘルガーを見たら、タスキカウンターを警戒すべし。



ということで、真夜さん杯はベスト16でした!
対戦相手の方、真夜さん、本当にありがとうございました!
私は動画を撮れませんでしたが、アルスさんが撮影していたらしいので、今度動画が上がったら見てみたいと思います。
近いうちに、各対戦相手さん用に育成したポケモンの紹介をしたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。