プロフィール

ランサー藤本

Author:ランサー藤本

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

一夜城
デビルかっこよくなりたい人のポケモン考察()ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レート動画での相手の名前うんぬん(+動画での対戦相手批判について)
こんな感じのツイートが実況者やポケモン動画視聴者を中心に昨日結構あって、自分としての考えもツイッターで言っていたので、それのまとめです。別に蒸し返してどうこうしたいというわけではないので、そこはご理解ください。

後は、動画内での対戦相手批判についての考えも自分なりにまとめてみました。
続きを読む
スポンサーサイト
先日の大会、ツイッターの件に関して 謝罪と説明
11月3日。私は某生主さんの主催する大会に出場してきました。
その際に大会のチャットルームでした私の発言と、その後のツイッターでの発言で不快な思いをしたすべての方への謝罪の気持ちをこめて、当日の出来事を説明させていただきます。
できる限り個人的な感情・偏見は含めずに客観的に書こうと思いますが、明らかにおかしいと感じる点などがありましたら、指摘していただけると嬉しいです。

大会当日、同じく大会参加者であった方(以下Aさん)が、家のwifiの調子が悪く時間内にはいらっしゃったものの、対戦ができない状況となってしまいました。
参加していた方はご存知かと思いますが、その大会は5人8ブロックのブロック内総当り戦の後に、ブロックごとに2人勝ち抜け、その後勝ち残った16人をランダムに配置してトーナメント戦という形式になっています。となると、AさんのいらっしゃるFブロックはAさんが回線の調子が戻るまで対戦ができないため、同ブロックのAさんを除いた対戦カードから消化する形となりました。

予選も中盤!となったところで、なんとかAさんが対戦可能な状態となり、Aさんも大会に参加します。しかしながら、予選対戦終了予定の時間(17時頃)には、4戦中2戦が終了するのが精一杯となってしまいました。

ただ、そのときにはFブロックの勝ち抜け2名が確定していたこともあり、生主さんはリスナーに確認をとり、その2名を決勝トーナメントに進出という形をとりました。(そのときの時間は大体17時15分)

そのときしたAさんの発言に対して、私が突っかかってしまったことが、今回の発端になります。


Aさん@F:そうそう、俺と○○(対戦相手名)が対戦できないのも運営()のせい。○○○(その生主さんにとって罰ゲームのような扱いになっている事柄)をやるべき。(17:15)
それに対して↓
ELEZY@Gグループ:Aさんは自分が運営に支障を出したことを少しは反省しろ(17:16)

↑はニコニコ生放送タイムシフト、2時間46分30秒頃を参照

その後Aさんはチャットルームを退室。私とAさんはツイッターで口論する形となりました。


前の方の発言に乗っかったこととはいえ、私はAさんのこの発言を見て、条件反射の用に上記のコメントを致しました。
しかし、これは本来私個人がするべきことではなく、もしも言うのであっても、大会運営の生主さん。もしくはAさんの対戦相手であったFグループの方であったと思います。その方々がスルーしていたことに、私が首を突っ込んで悪い口調で発言してしまい、空気を悪くしてしまいました。


また、初めての生主さんの主催する大会。生主さんの昔からのリスナーで、大会を楽しみにしていた方も非常に多かったことでしょう。
そのすべての方々に、私の発言が生主さんの大会の後味を悪くしたと言いますか、水をさしてしまったことをお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんでした。
また、その後をひきずって、口論をして、私とAさんの両者をフォローしてくださっている方へのTLを不快なものにしてしまったことをお詫び申し上げます。

重ね重ねになりますが、本当に申し訳ございませんでした。


できる限り当日起こったことについては客観的に、自身が反省すべき点はしっかりと振り返ってみました。しかしながら、未だ不十分な点は多々あると思います。もしお気づきになられた方がいらっしゃいましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

また、更新している記事などから大会などが特定できてしまうかもと思いましたが、このような記事の場合は名前を伏せるのがネチケットとのことなので、伏せさせていただきました。

今後はこのようなことがないように善処させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。